流通が変わる!ITシステムを駆使した貸倉庫はセキュリティも万全

作業員

選ぶポイント

男性作業員

特徴を知る

貸し倉庫を利用する場合、保管するものによっても基準は変化するので一概に決めることはできません。ですが、現在はたくさんの貸し倉庫があり、それぞれの特徴や保管に適しているところを探すことが可能です。ここで、貸し倉庫を探す際のポイントを紹介しましょう。

保管するもので変わる

保管するものが冷凍や冷蔵が必要となるケースもあります。ですから、冷蔵や冷凍が必要な商品なら、常温状態の場所に保管してはいけません。しっかりと温度調整と管理をしている貸し倉庫を選ぶことが最低条件です。温度調整ができないと、冷蔵や冷凍で保存することが困難になります。そのため、冷蔵や冷凍で保管が必要となる商品は温度調整があるところへ保管しましょう。
さらに、広さや大きさも肝心で、主に保管する商品の大きさを把握することで必要となる貸し倉庫の広さや大きさもわかってきます。大きい商品を保管する場合は、室内に柱や梁があると運び入れる際に邪魔になってしまします。そのため、天井高や面積だけでなく、柱や梁も確認しておきましょう。

設備にも注目

倉庫内で作業を行なう場合は、照明設備や空調設備が重要になります。夜間の作業中は、照明がないと真っ暗で作業することができなくなります。手元まで明るく照らせる照明設備が重要になります。また、空調設備があると室内の空気や湿度を調整することができるので、商品管理に最適な温度と湿度を保てるでしょう。温度と湿度を自在に調整してくれる貸し倉庫は、ホコリが舞うことも少なく、室内の圧力を少し上げることで外からのホコリの侵入を防ぐことができます。